東栄町 ホームへ戻る English (PDF 7.8MB)
top
流れと舞の種類
歌ぐら
Q&A
マナーと楽しむポイント
TOP > 古戸地区
小林(こばやし)
御園(みその)
東薗目(ひがしそのめ)
月(つき)
足込(あしこめ)
河内(こうち)
中設楽(なかしたら)
中在家(なかざいけ)
古戸(ふっと)
下粟代(しもあわしろ)
布川(ふかわ)
東栄町フェスティバル
FLASH PLAYER
アニメーションをご覧になるにはInternet Exproler 5.0以降、Firefox 1.0以降の
ブラウザ、Adobe Flash Player 9以降が
必要です。
古戸地区
オニスター君の花祭ガイド
クリックでアニメーションが再生されます
flash / 1.74MB
歴史と伝統、熟練の舞
古戸地区
古戸地区
 古戸の花祭は、振草系の中で最も古い歴史と伝統を持ち、当地から各地区への指導の記録も残されています。また、舞庭や神座など各所の飾り付け・衣装などに神仏混淆の形式を色濃く残している唯一の花祭であるといえます。
 神事も伝統を重視し古式に則り厳格に行っています。宮人の装束に特徴があります。元禄9年(1696年)の茂吉鬼はじめ、舞の衣装、ばちの箱や面の箱などには1600年代の年号があり、300年以上の歴史を見ることができます。
 毎年、舞の開始時間は午後6時に決められており、したがって他の舞の時間もほぼ一定となり、見物の人たちにも大いに喜ばれているところです。昔から、「舞の古戸」と呼ばれ他の地区からも称賛されていますが、まねをしようとしてもできないところに古戸の良さがあります。また、衣装の着付け、特に「鬼の襷」は古戸独自の結び方を受け継いでいます。他では見られない結び方です。
 平成24年1月の花祭から新築された「古戸会館」に会場を変更しました。より多くの人を受け入れられるよう見物席も舞庭も一回り広くし、駐車場も完備しました。最も古い歴史と伝統の「古戸花祭」へぜひお越しください。お見舞いのお返しには、花祭の原点である「白山神社」のお守りと軽食を差し上げます。
古戸地区の鬼
古戸の鬼 榊鬼 古戸の鬼 山見鬼 古戸の鬼 茂吉鬼
榊 鬼 山 見 鬼 茂 吉 鬼
アクセス Google

大きな地図で見る
開催情報
【開催場所】 古戸会館
愛知県北設楽郡東栄町大字振草字古戸久満土15
【開催日程】 平成28年1月2日(土)〜1月3日(日)
【開催時間】 2日9時〜3日17時
舞開始 始めの鬼 湯ばやし 舞終了
18時 23時 翌 2時 翌 12時 翌 14時
詳しい日程(次第)はこちら
日程は変更になる場合がありますので、
当日近くなりましたらお問い合わせください。
【お問い合わせ先】
花祭保存会長 : 平松伸一
電話 : 0536-78-5238
top 流れと舞の種類 歌ぐら Q&A マナーと楽しむポイント
東栄町役場 〒449-0292 愛知県北設楽郡東栄町大字本郷字上前畑25番地 電話:0536-76-0501(代表:総務課) FAX:0536-76-1725
All contents Copyright Toel Town All Rights Reserved.