東栄町 ホームへ戻る English (PDF 7.8MB)
top
流れと舞の種類
歌ぐら
Q&A
マナーと楽しむポイント
TOP > 東薗目地区
小林(こばやし)
御園(みその)
東薗目(ひがしそのめ)
月(つき)
足込(あしこめ)
河内(こうち)
中設楽(なかしたら)
中在家(なかざいけ)
古戸(ふっと)
下粟代(しもあわしろ)
布川(ふかわ)
東栄町フェスティバル
FLASH PLAYER
アニメーションをご覧になるにはInternet Exproler 5.0以降、Firefox 1.0以降の
ブラウザ、Adobe Flash Player 9以降が
必要です。
東薗目地区
オニスター君の花祭ガイド
クリックでアニメーションが再生されます
flash / 1.18MB
湯立てや二人鎮めに独特の作法
東薗目地区  東薗目の花祭は大入系で、御園や豊根村の花祭と似ています。鎮やみこの面の裏には寛政という江戸時代の年号が書かれていて、200年以上続いている証です。
 東薗目の神事は湯立てに特徴があります。全ての舞が終わった後に行われ、「七石半の湯立て」と呼ぶ独特の作法は、他にはない東薗目独特のものです。
 東薗目の山鬼は鉾を持って現れるのが特徴です。ひとしきり舞った後マサカリに持ち替えます。榊鬼は根付きの榊を持って登場、榊とマサカリの2種類を採り物としています。「茂吉鬼」とは呼ばず「朝鬼」という次第があり、朝鬼はマサカリを持っています。
 近年、集落内の小学校跡を拠点に活動する邦楽集団「志多ら」による「志多ら舞」の演目も含まれるようになりました。
東薗目地区の鬼
東薗目の鬼 榊鬼 東薗目の鬼 山見鬼 東薗目の鬼 鎮め
榊 鬼 山 見 鬼 鎮 め
アクセス Google

大きな地図で見る
開催情報
【開催場所】 老人憩いの家 東薗目荘
愛知県 北設楽郡東栄町 大字東薗目字弓バ36
【開催日程】 平成28年11月20日(日)
【開催時間】 (神事前日に) 8時〜22時
舞開始 始めの鬼 湯ばやし 舞終了
8時 15時 18時 21時 22時
詳しい日程(次第)はこちら
日程は変更になる場合がありますので、
当日近くなりましたらお問い合わせください。
【お問い合わせ先】
花祭保存会長 : 平賀岩男
電話 : 0536-76-0460
top 流れと舞の種類 歌ぐら Q&A マナーと楽しむポイント
東栄町役場 〒449-0292 愛知県北設楽郡東栄町大字本郷字上前畑25番地 電話:0536-76-0501(代表:総務課) FAX:0536-76-1725
All contents Copyright Toel Town All Rights Reserved.