厳重警戒での感染防止対策のお願い

 愛知県に対するまん延防止等重点措置は、3月21日をもって解除されました。しかしながら、県内における新規陽性者数は減少幅が大きくなってきたものの、入院患者数の減り方は少ない状況にあります。

 このような状況下、愛知県では、第6波を克服し、安心な日常生活と活力ある社会経済活動を取り戻していくことができるよう、厳重警戒での感染防止対策の徹底をお願いしています。

 今後、春休みや年度末に向け、人の移動が活発になる季節を迎えます。町民の皆様には、引き続き次の点について配慮をお願いします。

【町民の皆様へ】

1.基本的な感染防止対策の徹底

〇「感染しない、感染させない」を徹底してください。

〇会食・飲食する際は、同一グループで同一テーブルに4人までを目安に(介助や介護を要する場合は除く)、「マスク会食」・「黙食」を徹底してください。また、「大声で騒ぐこと」は、飛まつ感染につながるため、やめていただくようお願いします。

〇ワクチン接種を終えた方も含めて、日頃から「三つの密」が発生する場所を避け、大人数や長時間におよぶ飲食など感染リスクが高まる五つの場面では、マスクの着用、手指消毒等、基本的な感染防止対策を徹底してください。特に、花見など多数の人が集まる「季節の行事」においては、徹底をお願いします。

〇適切な温度、湿度等を保ちつつ、十分な換気を行ってください。

2.外出・移動の注意点

〇混雑した場所や感染リスクが高い場所は、避けて行動してください。

〇帰省や旅行等、県をまたぐ移動は、「三つの密」の回避も含め基本的な感染防止対策を徹底するとともに、移動先での感染リスクの高い行動は控えてください。

 

【事業者の皆様へ】

 施設や店舗等において、業種別の感染拡大予防ガイドライン等を遵守し、感染防止対策を徹底してください。

 なお、飲食店等におかれては、同一グループの同一テーブルへの入店案内は4人までを目安に(介助や介護を要する場合は除く)してください。

 

令和4年3月22日

東栄町新型コロナウィルス対策本部

東栄町長 村上 孝治

 対策本部メッセージ 3月22日(pdf:62KB)

感染リスクが高まる5つの場面(pdf:827KB)

ページの先頭へ