〇特別定額給付金とは?
 緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要があります。人々が連帯して、一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない中、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」を受け、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うものです。

〇給付対象者
 基準日(令和2年4月27日)において、東栄町の住民基本台帳に記録されている者

〇受給権者
 住民基本台帳に記録されている者の属する世帯の世帯主

〇給付額
 世帯構成員1人につき10万円として算出される額

〇申請方法
 感染拡大防止の観点から給付金の申請方法は、

(1) 申請書類の郵送

(2) オンラインによる申請

を基本とします。

 

 (1) 町は、5月18日に特別定額給付金の申請書を世帯主宛てに郵送します。
                  ↓
世帯主は、申請書に世帯主名、振込先口座情報を記入し押印の上、本人確認書類(運転免許証、保険証など)及び振込先口座の分かるもの(通帳やキャッシュカード)のコピーを添付し、返信用封筒で町へ返送してください。

 (2) 世帯主は、マイナポータル上の特別定額給付金の申請画面から、世帯主及び世帯員の情報、振込先口座情報を入力した上で、振込口座情報の確認書類をアップロードし、電子申請を行います。(電子署名により本人確認を実施するため、本人確認書類は不要です。)

 

〇申請受付開始
 (1)(2)とも同日から受付を開始します。
 令和2年5月18日

〇給付日
 初回の給付日を令和2年5月29日とし、以後週1回を目途に振込を実施

 

※特別定額給付金を装った詐欺にご注意ください。

 総務省、県、市区町村などをかたった電話、郵便やメールを受けた際は、設楽警察署(62-0110)または警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

  詐欺被害防止啓発チラシ(pdf:312KB)

 

ページの先頭へ