第20回清流めぐり利き鮎会でグランプリを獲得した振草川のアユを味わってもらおうと、村上孝治町長・和合克美振草川漁協組合長・丹羽浩和振草川鮎釣同好会代表が10月27日大治町役場を訪問し、村上昌生大治町長にアユ33匹を贈呈しました。
贈呈式で竹かごに入れた生アユ3本を手渡したところ、会場にはアユ特有のスイカに似た香りが漂い、一瞬にして清流の雰囲気となりました。
懇談では振草鮎のPRのほか、鮎や清流を取り入れた相互交流などをテーマに、活発に話が交わされました。大治町 鮎贈呈

ページの先頭へ