今年も花祭シーズン直前の11月3日(日曜日・祝日)に、東栄フェスティバルを開催します。町内の保存会による花祭のダイジェスト版の披露をはじめ、静岡県浜松市水窪の「西浦田楽」、設楽町津具の「津具花祭」の三遠南信地域に伝わる2つの伝統芸能が集結します。

さらに、プロ和太鼓集団「志多ら」の演奏、平成29年「第20回清流めぐり利き鮎会」でグランプリを受賞した振草川の鮎の塩焼きなどの東栄町のこだわりの特産品が並ぶ物産市など、東栄町の魅力を存分に楽しんでいただけるイベントです。

また、同時開催イベントでは、参加者が飼育したヘボ(クロスズメバチ)の巣の重さなどを競い合う「ヘボサミット」、移住相談ができる「移住相談会」も開催されます。

 

チラシ表 チラシ裏

東栄フェスティバルチラシ表(pdf:1960KB)

東栄フェスティバルチラシ裏(pdf:3216KB)

 

開催日

令和元年11月3日(日曜日・祝日)

 

会場

東栄ドーム(東栄町大字本郷字上大林1)

 

プログラム

10時00分~      物販ブース開始

           ヘボサミット(野球場)

           チェンソーアート体験、木工広場(野球場)

10時30分~12時30分 エコマーケット等 一部イベントの実施

11時00分~11時20分 開会式

11時25分~11時55分 東栄小学校和太鼓発表、オニスターダンス

12時00分~12時50分 設楽町 津具花祭保存会(50分)

13時10分~14時00分 浜松市水窪 西浦田楽保存会(50分)

14時10分~15時00分 花祭・月花祭保存会(50分)

15時10分~16時10分 和太鼓演奏・志多ら(60分)

16時20分~17時10分 花祭・小林花祭保存会(50分)

 

※スケジュールは若干変更となる場合があります。

 

花祭とは

花祭りは、鎌倉・室町時代に山伏や修験者によって伝えられた神事で、「神人和合」「五穀豊穣」「無病息災」を願う40種類の舞が夜を徹して行われます。 
代々親から子、子から孫へと約700年もの時を経て伝承され、国の重要無形民俗文化財に指定されています。 
東栄フェスティバルは、出演地区の舞を凝縮したダイジェスト版です。 

 

東栄フェスティバル2018の様子

物産市

【東栄物産市 】
東栄町こだわりの飲食や工芸品が揃いました。

 

ヘボサミット

【 へぼサミット】
クロスズメバチの巣の大きさを競うへぼサミ

ットを同時開催。

掛川市

【 掛川市の三社祭礼囃子 】

「おかめ」や「ひょっとこ」の面をつけ、笛や

太鼓の音に合わせて軽快な舞を披露しました。

名越神楽

【 新城市の名越神楽 】

獅子頭をかぶり、口に筆をくわえ、障子に達筆

な文字で句を書きました。

新野雪祭り

【 新野の雪祭り 】
豊作を願う祭りで、国の重要無形民俗文化財に

指定されています。

志多ら

【 和太鼓「志多ら」】
躍動感たっぷり、感動の演奏で会場を盛り上げ

てくれました。

榊鬼の勢ぞろい

【 榊鬼の勢ぞろい 】
花祭の主役である「榊鬼」が町内11地区から

勢ぞろい。圧巻の光景でした。

古戸花祭

【 古戸花祭 】
四ッ舞(剣)。屈強な青年4人による舞。

 

東薗目花祭保存会

【 東薗目花祭 】
湯ばやし。「テーホヘ、テホヘ」の大合唱の中、
みんな笑顔で湯を浴びます。

手筒花火

【 三河煙火の手筒花火 】
本郷地区と市場地区による手筒花火。
美しく豪快な火柱でフィナーレを飾りました。

 

アクセス

公共交通機関を利用した場合

町営バス時刻表
JR飯田線で東栄駅下車。町営バス東栄線「本郷」で下車し、徒歩10分。

 

お車でお越しの際

R151を北上し、新本郷トンネルを通過して交差点手前を右折し先。(駐車場は町総合グランド:300台)

マップ

ページの先頭へ