全国的に「風しん」の流行が続いています。

抗体を持たない又は低い抗体価の妊娠中の女性が風しんにかかると、赤ちゃんに難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障害(先天性風しん症候群)が起こる可能性があります。妊娠中に感染しないため、予防接種を積極的に受けるようにしましょう。

東栄町では、妊娠初期の風しん感染による先天性風しん症候群を防止するため、抗体が十分でないと確認できた人に対してワクチン接種の費用を助成します。

対象者

東栄町に住所を有し、風しんに対する抗体が不十分と判断された次の⑴・⑵・⑶のいずれかに該当する者

⑴妊娠を予定又は希望している女性

⑵妊娠を予定又は希望している女性の配偶者

⑶妊娠している女性の配偶者

*「風しん抗体検査」は愛知県が負担金の助成を実施しています。対象など詳細については新城保健所(0536-22-2204)へお問い合わせください。

対象ワクチン

  • 風しんワクチン
  • 風しん、麻しん混合ワクチン

助成額

5,000円(接種費用が5,000円未満の場合は、接種にかかった費用)

 

申請方法

医療機関でワクチン接種後、抗体検査結果、領収書(ワクチン接種を受けた方の氏名、ワクチン名、接種年月日が記載されているもの)、振込先をご持参のうえ役場住民福祉課で申請をしてください。

参考

風しん抗体検査、風しんワクチン接種、助成金申請の流れ(pdf:154KB)

ページの先頭へ